FXって何のこと?

朝の通勤電車の中やネット広告など、いたるところで目にする【FX】とはいったい何なのか気になりませんか?
FXを知らなくても別に生活に困るものではないのですが、FXを知っておくと生活を豊かにする可能性が生まれます。

FX
FXとは、外貨を売買して利益を得る外為投資の事を言います。
例えば1ドルが日本円で100円の時に10万円分(1000ドル)買ったとします。
円安により1ドルが日本円で110円になった時に、所有している1000ドルを売ることで11万円が手元に入るため、1万円の利益を得ることが出来るのです。

「なんだ、とっても簡単じゃないか!それなら俺でも簡単に稼げそうだな!」
と思われた方もいることでしょう。
しかし、得をすれば損をすることもあるのがFXなのです。

世界の通貨の為替は常に変動しています。
そのため、円安の時もあれば円高の時もあります。
円高が続くようであれば、いつまでたっても利益を得ることが出来ないどころか逆に損をしてしまう恐れがあるのです。

このようにFXにはリスクが付いてまわりますが、正しい知識と為替を見極める確かな目を養うことで利益を上げ続けることが出来ます。

FXの勝ち組になれるように、まずは為替の仕組みについてお勉強してみましょう。
世界の通貨の種類には、ユーロ、フラン、ポンドなどいろんな通貨がありますが、最も身近で馴染みのある円とドルを使ってご説明したいと思います。

始めに円安と円高の違いについてお話します。
円安とは字のごとく「ドルよりも円の価値が下がってている状態」を指します。
逆に円高とは「ドルよりも円の価値が高くなっている状態」を指します。

FX
例えば1ドル=100円が1ドル=200円になった場合、円の価値が下がっているためこれは円安です。
「円の数字が大きくなっているにもかかわらず、なんで円安になるんだ?」と、不思議に思われた方もいることでしょう。
そんな方のためにより詳しく説明してみましょう。

1ドル=100円の時にホットドッグが1ドルで販売されているとします。
この時に日本円で購入するならいくら必要になりますか?
もうお解りですね?そうです。100円です。

では、1ドル=200円の時にホットドッグが1ドルで販売れている場合ならどうでしょうか?
そうです。日本円で200円払わなければホットドッグを購入することはできません。

元は100円で購入できたものが200円出さなければ購入できないということは、日本円の価値が下がっているため円安になってしまうのです。

どうです?
円安と円高の違いはしっかり理解できましたか?
FXで取引をする場合、円安と円高の仕組みが大変重要になってきます。
何度も復習して確実に理解しておくようにしましょう。

為替は世界経済の動きや各国の政治状況などにより変動します。
そのため、為替を見極めるためには世界情勢に興味を持つことが大切です。
毎朝のニュースや新聞に目を通して世界情勢を把握するようにしましょう。